資源ごみ問題への仙代テックの取り組み

仙代テック株式会社

仙代テックの資源ごみ問題への取り組み

資源ごみ画像

資源ごみ問題についての世界の動き

現在ペットボトルを筆頭に、処理しきれずに山積みになった資源ごみが大きな社会問題になっています。資源ごみを輸入してリサイクルを続けることにより環境汚染が深刻化した中国では、資源として廃プラスチックを輸入することを禁止しました。それを受けて2018年1月、EUは使い捨てのプラスチック容器などを廃止し、2030年までにすべて再利用・または素材としてリサイクルする戦略を打ち出しました。

仙代テックの「スリムアクアシリーズ」はリターナブルボトルを使用

弊社仙代テックのボトルウォーター「スリムアクア」シリーズは、当初からリターナブルボトル(再利用できるボトル)に特化して販売しております。その理由は、上記のような資源問題にあります。環境に配慮して、ペットボトルを減らすためにリターナブルボトルを選択させていただきました。
新たにスリムアクアの水を補充する際は、回収したボトルを殺菌・消毒をして再利用しております。

スリムアクアシリーズ

また、弊社のラクサット浄水器も環境保全に役立てております。配送を繰り返すことで排ガスにより環境汚染につながるというリスクもなく、また、浄水器であれば水の質が落ちることもなく、それまで使用されていたウォーターサーバーも浄水器につないで従来通りにご利用いただけます。