日本に住むとどこでも手に入る「お豆腐」。調味料ならまだしも、こういった日本独自の食文化をベトナムで楽しもうと思うと高級品になってしまったり、好みの味でないという事もしばしば・・。観光やお仕事で訪れる際にはまだ良いのですが、住むとなると日本の食べ物の味が恋しくなってしまいますね。

今回は、ラクサットを長くお使い頂いている、ホーチミンでお豆腐を製造されているおむすびさんへメンテナンスでお邪魔しました。ラクサットの精製する水の量が少なくなってしまったというご相談を受けて、急ぎ現状の確認へ。

 

 

流水量を測り、どこに異常があるかをチェックしていきます。お豆腐づくりにとって水はとても大切なもの。すぐに解決すべく現状の問題を確認していきます。

 

 

弊社の常務と、ヴァン工場長がひとつづつチェックし、原因を探っていきます。結果、フィルターが目詰まりを起こしていた事を確認しました。日本と比べて、ベトナムの水道水に含まれる不純物の量は非常に多いため、こういった目詰まりを起こしてしまう事も珍しくありません。ラクサットは、通常の浄水器と比べて超微孔である1000万分の1のフィルターを通しますので、安心安全な代わりに、普通より多くの不純物をフィルターが受け止めます。

 

おむすびさんにとっても、製造過程で絶対に使う事になる大切なお水の事なので、その日のうちに急ぎ対応。流水量は元に戻りました。日本のみなさまがベトナムでも美味しいお豆腐を食べられるように、おむすびさんのお水の事に関してラクサットはこれからもサポートをさせて頂きたいと思っております。